TBS「半沢直樹」続編を断念!?堺雅人ブレイクでスケジュールが取れない!!

TBS「半沢直樹」続編を断念!?堺雅人ブレイクでスケジュールが取れない!!

 

 

最終回の視聴率が42.2%で平成に入ってから放映されたドラマの中ではトップの視聴率を叩き出したドラマ「半沢直樹」(TBS系列)

 

 

 

放送前はそれほど視聴率を期待されたドラマではなく、平均視聴率15%取れれば御の字という見積もりだったという。

 

 

 

しかし初回の平均視聴率が19.4%、第2話で21.8%とドラマの進行と共に視聴率も右肩上がりに・・・

 

 

 

最終回には続編があることを匂わす内容だった為、続編は確定的だと思われた。

 

 

 

しかも、後番組の「安堂ロイド」が大コケしてしまう結果になり、今年に入って1月期のドラマの視聴率も芳しくないため

 

 

 

TBSの石原社長も「多くのファンが待ち望んでいる。私も視聴者の一人として続編を期待していると現場にハッパをかけたという。

 

 

 

だが、主役を務めた堺雅人のスケジュールが詰まっておりドラマ撮影の時間が取れない。

 hanzawa

  

また他の出演者もスケジュール調整に困難を極めている。

 

 

 

そこで大和田常務役を演じた香川照之を半沢役にして続編を強行するという計画もあったようだが、

 oowada

 

 半沢の最大の敵である大和田常務が今度は半沢になっていると視聴者も混乱するという指摘もあり、この計画は断念したという。

 

 

 

わざわざ指摘を受けなくてもわかる様なものだが、それだけTBSが半沢続編に焦っているということなのだろう。

 

 

 

そこで次にTBSが考えたのが新人時代の半沢を描いた2時間スペシャルだ。

 

 

 

スケジュールが取れない堺の変わりに新人時代の半沢を三浦友和の次男で若手俳優の三浦貴大が演じるという。

 miura

 

 これならキャストを変更することもなく視聴者からも受け入れられると考えたようだ。

 

 

 

半沢ファンとしては早く続編を観たいところであるが、半沢新人時代のスペシャルドラマに大きな期待が寄せられる。

 

 

 

 *★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

 

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ PVランキング

スポンサーリンク


関連記事

no image

【2014年夏ドラマ】期待している夏ドラマランキング、ジャニーズが圧勝?!【2014年7月期】

    3日、陣内孝則7年ぶりの主演ドラマ「獣医さん、事件ですよ」が

記事を読む

no image

波平さん2代目はちびまる子ちゃんの永沢君役で知られる茶風林に決定!【コナン目暮警部】

  国民的アニメ「サザエさん」の磯野波平の声を声優・茶風林が務める事が決定した。

記事を読む

no image

笑っていいとも! 番組終了決定で拡がる波紋 番組打ち切りの理由とは・・・?

お昼の人気番組「笑っていいとも!」が来年3月で終了することが発表され32年の歴史に幕を下ろす。 &

記事を読む

no image

「明日ママがいない」放送、撮影中止、スポンサー抗議も・・・全国児童養護施設協議会

  今月15日から放送スタートしたドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系列)につ

記事を読む

no image

「徹子の部屋」が「マツコの部屋」にwwwマツコ・デラックスが黒柳徹子の結婚観に迫る!

    4月1日からお昼12時の放送になった「徹子の部屋」にマツコ・

記事を読む

中谷美紀、結婚できないドラマオファーに「私に対する嫌みよね」

  女優・中谷美紀がアラフォー独身女性で幸せをつかもうと奮闘するラブコメディ

記事を読む

【紡木たく】ホットロードが実写化!!和希役は「あまちゃん」の能年玲奈に決定

      国民的ドラマになったNHK朝の連

記事を読む

no image

小林カツ代さんの追悼番組放送決定ーNHKEテレで2月【きょうの料理】

    NHKは30日、23日に死去した料理研究家の小林カツ代さんをしのび、特別番組「

記事を読む

no image

初回視聴率26.5%高視聴率でスタートした「HERO」前作との違いとは?

  2001年に「全話視聴率30%超」の伝説を残したドラマ『HERO』(フジ

記事を読む

no image

あまちゃん平均視聴率は歴代2位、最高視聴率は歴代1位を獲得!

あまちゃんの最終回の視聴率が23.5%だったと発表された。     それに

記事を読む

Message



  • ※ 当サイトは記事や画像等を個人で楽しむ目的で運営しております。その著作権・肖像権は本人及び所属事務所にあります。 記事、画像リンク等について万が一不適切なものがあれば早急に対処しますので恐れ入りますがメールフォームより正式の文面にてメールでご連絡をお願い致します。
    こちら紹介しているサイトや画像等のご利用・閲覧は自己責任でお願い致します。

PAGE TOP ↑