misono「一妻多夫・いろんな人の子供を産みたい」独特の恋愛観を替え歌で披露

misono「一妻多夫・いろんな人の子供を産みたい」独特の恋愛観を替え歌で披露misono2

 

かつて「day after tomorrow」のボーカルとして

 

 

日本レコード大賞の新人賞を獲得したこともあるタレントのmisono(29)が、

 

 

13日に『さんまのスーパーからく りTV 芸能人かえうた祭』(TBS系)に出演。

 

 

「ちょっと他人と違う」という衝撃的な恋愛観を替え歌にして披露し、視聴者に衝撃を与えた。

 

 

 

misonoは「幼なじみで初恋の人で学生時代の元カレ」であるお笑いコンビ・プリンセス金魚の大前亮将(30)とそろって登場。

 

mi-oo

 

大前はmisonoがセ ミヌードを披露した写真集で彼女の胸を手ブラで隠したり、

 

 

 

プロモーションビデオでキスシーンを演じるなど共演がたびたび話題になっている。

 

 

 

大前は交際前後のエピソードとして「misonoはめちゃめちゃモテていた」と証言。

 

 

 

さらに「サッカー部の部員と片っ端から付き合っていた」

 

 

「先輩も後輩も見境いなしで“misonoイレブン”みたいな状態だった」などと、misonoの奔放ぶりを明かした。

 

 

 

いわば“ヤ●マン”だったと暴露されたmisonoは悪びれる様子もなく「ちょっと他人とは違う自分の恋愛観」を聞いてほしいと主張。

 

 

 

広瀬香美のヒット曲「ロマンスの神様」の替え歌として「ロマンスはご無沙汰」を披露した。

 

 

 

注目の歌は「子どもが欲しい たくさん欲しい いろんな人の子どもが産みたい 今の法律 旦那は1人 『一妻多夫』 望む私」と過激さ全開の歌詞でスター ト。

 

 

続けて「彼とお泊り ずっとベタベタ 彼氏の歯ブラシ使うんだから」

 

 

 

「トイレに行ったら あとを付いてく 用を足すときもベッタリ」

 

 

 

「性格は二の次でいい の 一番はお顔」

 

 

「八重歯ある人がいい キツネ目だと なお 萌えませんか~」とホンネ炸裂で歌唱した。

 

 

 

さらに衝撃的だったのはサビ。「二番目ガール 浮気されてもいい ちょっとみんなとズレている」

 

 

 

「お姉ちゃんの恋愛感情共感できない」と歌い上げ、相手の浮気を容認するタイプであることを明かし、

 

 

 

姉で歌手の倖田來未とは違った恋愛観であることをアピールした。

 

 

 

これを聴いた司会の明石家さんまは「歌詞が問題やねえ。普通じゃないよ」とツッコミ。

 

 

 

審査員役のつるの剛士は「重いんだよね」と評した。

 

 

 

特に浮気を容認す る歌詞にショックを受けた出演者が多かったが、

 

 

 

misonoは「(浮気されたら彼氏に)ウチは謝ります。『ごめんね、浮気されるような女だったんだね』っ て言って」と持論を展開し、

 

 

 

さらなる不評を買っていた。

 

 

また、元カレの大前は「僕が付き合ってたころは『いろんな人の子どもが欲しい』 なんて言う子じゃなかった」と、

 

 

 

misonoの変貌にショックを受けた様子。

 

 

 

だが、別れた理由を問われると「(misonoが)サッカー部の先輩と付き 合った」と明かし、

 

 

 

彼女が当時から現在と共通する独特の恋愛観の持ち主だったことをうかがわせた。

 

 

 

ネット上の視聴者の間では

 

 

「ちょっと共 感できた」

「misonoの恋愛観すこし分かる」

「こんな尻軽女だったとは…なんか残念」

「二番目でいいってことは自分も浮気するからってことだろうな」

 

 

などと賛否両論。

 

 

自由な恋愛へのあこがれに共感する人がいる一方で、

 

 

フリーセ●クス思想のような感覚に拒否反応を示す視聴者も多かったようだ。

 

 

 

misonoといえば、昨年12月に突如として引退を宣言し、

 

 

 

それから1カ月ほどで「女優業、バラエティー、ライブと引き続きやっていく」と早々に撤回。

 

 

 

さらには前述の元カレとの共演や今回の過激な替え歌など“迷走”が目立っている。

 

 

 

「歌 手として成功できなかったことで目標を見失い、

 

 

さらに寵愛を受けていた島田紳助が引退したことでタレントとしても

 

 

ハッキリした居場所がなくなったことが、 暴走につながっている。

 

 

 

Twitterをやめると宣言してすぐに再開したり、引退を口にしたり、

 

 

 

精神的な不安定さはキャラづくりではなくホンモノ。

 

 

 

それが バラドルとして味になっているともいえますが、

 

 

 

いつか精神的に崩壊してしまうのではないかと周囲も心配しています」(芸能関係者)

 

 

 

一部では「かまってちゃん」などと揶揄されているmisonoだが、

 

 

この迷走ぶりが魅力のひとつになっているのも事実。

 

 

この暴走が果たしてどこにたどり着くのか、見守っていたい気もするが…。

 

 

(引用元メンズサイゾー)

 

 

 

*★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

 

 

消えそうになったら話題作りしてる感が否めない・・・
と思った方はポチっとお願いします

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
PVランキング

 

 

スポンサーリンク


関連記事

神田沙也加、母・松田聖子とは絶縁状態?!両親の離婚、転校、壮絶ないじめの半生・・・

    デビュー以来、親の七光りと揶揄されながらも  

記事を読む

島倉千代子さん遺作の「からたちの小径」PV公開 銀座では「島倉千代子展」も開催

先月8日に肝臓がんで死去した歌手・島倉千代子さん(享年75)の遺作となる「からたちの小径(こみち)」

記事を読む

no image

【FNS歌謡祭】華原朋美、小室哲哉への感謝と握手はアドリブだった【瞬間最高視聴率は嵐】

4日に放送された「2013FNS歌謡祭」(フジテレビ系列)で一番の目玉だったのは何といっても歌手・華

記事を読む

no image

浜崎あゆみ、結婚は話題作りだけでなく永住権(グリーンカード)目的?!【日本人コンプレックス】

12日、UCLAの大学院で医学部に通う10歳下のアメリカ人男性との婚約を発表した浜崎あゆみ。   

記事を読む

宇多田ヒカル再婚、マスコミからは「同棲中の彼氏は?」噂の彼ではなく別人と再婚に動揺が走る

    3日、自身のブログで再婚することを報告した宇多田ヒカル(31

記事を読む

別人レベルに劣化したBoAのミュージックビデオが話題に【Shout It Out】

  K-POPブームの先駆け的存在で日本の音楽シーンをも席巻した歌手・BoA(27)

記事を読む

no image

華原朋美が小室哲哉を恨んでいた時期があった事を告白・・・「自分は被害者だ」

  18日に放送されたラジオ番組「大竹まことゴールデンラジオ」に華原朋美がゲスト出演

記事を読む

不倫・略奪婚でも叩かれない芸能人、椎名林檎の恋愛遍歴

    不倫スキャンダル報道が後を絶たない芸能界だが、 不倫の末の

記事を読む

IMARU、相次ぐ父明石家さんまのデート報道に「まあ、頑張ってくださいって感じ・・・」とあきれ顔

      7日、明石家さんまの長女で歌手・タレント

記事を読む

no image

鈴木亜美、高岡蒼輔と破局しぼったくり日帰りツアーで仕事に精を出す?!【いち~ゴ3500円】

  歌手・鈴木亜美(31)が結婚間近と言われ続けていた俳優・高岡蒼佑、改め高岡奏輔(

記事を読む

Message



  • ※ 当サイトは記事や画像等を個人で楽しむ目的で運営しております。その著作権・肖像権は本人及び所属事務所にあります。 記事、画像リンク等について万が一不適切なものがあれば早急に対処しますので恐れ入りますがメールフォームより正式の文面にてメールでご連絡をお願い致します。
    こちら紹介しているサイトや画像等のご利用・閲覧は自己責任でお願い致します。

PAGE TOP ↑