安室奈美恵が引退危機?!事務所独立騒動が泥沼化・・・

安室奈美恵が引退危機?!事務所独立騒動が泥沼化・・・amuro1

 

安室奈美恵が22年にわたって専属契約を結んできた

 

 

ライジング・プロから独立しようとしている事が

 

 

騒動になり、自体が泥沼化しつつあるという。

 

 

東京スポーツでは「引退危機」等と報じられる始末・・・

 

 

(以下引用)

 

 

独立騒動は、もはや引き返せないところまで来てしまったようだ。

 

 

安室は2017年2月末まで契約が残っているにもかかわらず

 

 

今年5月にいますぐの独立を要求

 

 

さらに翌月には税理士を連れて事務所に乗り込み、

 

 

「印税や報酬の配分を上げること」

 

 

「楽曲の原盤権を(安室が立ち上げた)新個人会社に移すこと」など、

 

 

とても事務所サイドがのめないような条件の申し入れ書を突きつけたのだ。

 

 

事務所サイドも態度を硬化させており、解決の糸口はまったく見えていない。

 

 

音楽関係者が明かす。

 

 

「芸能界のルールを無視した安室の行動はあっという間に

 

 

業界の重鎮たちにも知れ渡るようになり、揃って激怒しています。

 

 

解決しなければ、安室への協力はしないということで足並みは揃っているようです。

 

 

このままでは事実上、安室は表立った活動ができない状況に追い込まれるということ」

 

 

独立を要求した時に安室は「これでは奴隷契約よ!」と言い放ったというが、

 

 

すでに本紙でも報じた通り、契約内容は“奴隷契約”とはまったくかけ離れたものだ。

 

 

「安室はまったく何も活動しなくても、

 

 

事務所から毎月約800万円の給料が保証されている。

 

 

さらにライブやグッズの売り上げの取り分は半々。

 

 

それに、たとえば一昨年、地元沖縄で行われる予定だった

 

 

デビュー20周年記念ライブが台風接近のため中止になったが、

 

 

このように赤字が発生した場合はすべて事務所持ちで、

 

 

安室にリスクはない。安室の年収は6億円ほど」と芸能プロ関係者。

 

 

安室は事務所内で絶大な発言権があったことから、

 

 

仕事は本人のペースで決められていた。

 

 

またワガママ放題のため、マネジャーが代わることもしばしば。

 

 

自分のことを“奴隷”と言うならば、有史以来、

 

 

こんなに恵まれた“奴隷”は存在しなかっただろう。

 

 

安室は先日、書面で「奴隷契約」という発言については謝罪したという。

 

 

安室とライジング・プロの平哲夫社長(68)は、

 

 

安室が小学校6年生のころに出会っており、それからは“親子”のような関係だった。

 

 

それが修復不可能なところまでこじれてしまったのか?

 

 

その裏には、ある男性プロモーターの存在がある。

 

 

イベントプロデュース会社「オン・ザ・ライン」西茂弘社長(54)だ。

 

 

現在安室と、西氏とその家族は同じマンションの別部屋に住んでいる。

 

 

「安室は基本的に誰も信用しない一方、

 

 

信用した男の言うことだけは聞くタイプ。

 

 

ブレークした当時もあるダメ男にはまり、

 

 

仕事を飛ばして男と一緒にパチンコ屋に入り浸っていたこともありました。

 

 

そんな安室がいま唯一と言っていいほど心を許しているのが西氏です。

 

 

『西さんは何でもできるから、西さんに任せれば安心』

 

 

などと言っていたとか」と前出関係者。

 

 

西氏との関係が強まるにつれ、事務所サイドとの関係は悪化していく一方、

 

 

昨年4月に安室&西氏と事務所に大きな亀裂が入る“事件”が起きた。

 

 

安室のシンガポール公演中止の件だ。

 

 

これを西氏が仕切っていたのだが、1万2000人のキャパシティーに対し、

 

 

前売り券は2000枚ちょっとしか売れていなかった。

 

 

「ハッキリ言って、失敗の公算が大きかった。

 

 

それでも事務所はチケットを買って楽しみにしてくれているファンがいるのだから、

 

 

公演をやろうとしていた。

 

 

その意思を西氏に伝えたのだが、西氏は公演の中止を決めたのです。

 

 

事務所もギリギリのタイミングまで中止とは聞いていなかった」

 

 

とレコード会社関係者。

 

 

このドタキャンに、シンガポールの現地プロモーターが激怒し昨年12月、

 

 

一方的な債務不履行として「オン・ザ・ライン」

 

 

に約5000万円を求める訴訟を起こしている。

 

 

そんな状況でも、安室の西氏に対する信頼はいささかも揺らがない。

 

 

これでは表舞台からフェードアウトという日も近いだろう。

 

 

 

ネット上の反応

 

「この話が本当ならある意味洗脳にちかいね」

「そんなにお金お金いう人だったけ?」

「この人もニコ動進出するのかな。」

「東スポの記事だからなあ」

 

スポンサードリンク


関連記事

no image

ネガティブ発言を繰り返していたmisonoが芸能界引退宣言!「ナンバーワンキャバ嬢になりたい」

  歌手・倖田來未の妹でタレントで歌手・misono(29)が来年に芸能界を引退する

記事を読む

【動画有り】ももクロが3分クッキングとコラボ!オープニングとエンディングに出演

  国民的人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が  

記事を読む

no image

浜崎あゆみの記録が危ない?! Hey!Say!JUMPと発売がカブり大ピンチ?【25作連続首位】

浜崎あゆみが12月25日に、シングルCD「Feel the love / Merry-go-roun

記事を読む

no image

島倉千代子「からたちの小径」12月18日リリース決定!デビュー曲「この世の花」も収録

今月8日に肝臓がんで死去した歌手・島倉千代子さん(享年75)の遺作となるで「からたちの小径(こみち)

記事を読む

松田聖子、夫が聖子邸から姿消す・・・マネージャーと元サヤ復縁で3度目の離婚秒読み

  松田聖子(52)になんと“3度目の離婚秒読み”情報が流れている。

記事を読む

no image

PUFFY由美が別居!菜々緒に振られた西川が再接近?

PUFFYの吉村由美(38)が夫と別居していることが報じられた。   由美といえば、2009年

記事を読む

no image

広瀬香美、外見コンプレックスから整形依存?整形顔が崩壊・・・性格も難有りの散々な評判

  かねてから整形の噂があった広瀬香美(47)が15日に放送された音楽番組「1番ソン

記事を読む

no image

華原朋美が小室哲哉を恨んでいた時期があった事を告白・・・「自分は被害者だ」

  18日に放送されたラジオ番組「大竹まことゴールデンラジオ」に華原朋美がゲスト出演

記事を読む

no image

宇多田ヒカル再婚、マスコミからは「同棲中の彼氏は?」噂の彼ではなく別人と再婚に動揺が走る

  3日、自身のブログで再婚することを報告した宇多田ヒカル(31)  

記事を読む

no image

浜崎あゆみ、婚約者と手をずっと握ったまま帰国

    今月12日(現地時間)に米ロサンゼルスで医科大学院に通う10歳年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 相互リンク・相互RSSして下さるサイト様を募集しております。
    URL:http://geinounow.net/
    RSS:http://geinounow.net/feed
    当ブログへのリンクを貼っていただいた後にメールフォームよりご連絡ください。
    但しアダルト色の強いサイト様はお断りする場合がございますのでご了承ください。
    ※アダルトサイト宣伝のコメントが多数投稿され、今まで手動で削除しておりましたが作業円滑化のためコメント欄は閉鎖致します。

  • ※ 当サイトは記事や画像等を個人で楽しむ目的で運営しております。その著作権・肖像権は本人及び所属事務所にあります。 記事、画像リンク等について万が一不適切なものがあれば早急に対処しますので恐れ入りますがメールフォームより正式の文面にてメールでご連絡をお願い致します。
    こちら紹介しているサイトや画像等のご利用・閲覧は自己責任でお願い致します。

  • フィードメーター - 噂の芸能ゴシップ探偵

PAGE TOP ↑