【FNS歌謡祭】華原朋美、小室哲哉への感謝と握手はアドリブだった【瞬間最高視聴率は嵐】

【FNS歌謡祭】華原朋美、小室哲哉への感謝と握手はアドリブだった【瞬間最高視聴率は嵐】

4日に放送された「2013FNS歌謡祭」(フジテレビ系列)で一番の目玉だったのは何といっても歌手・華原朋美(39)と元恋人で音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が破局後15年ぶりに共演したことだろう。

 

  

華原は自身の代表曲「I’m proud」と「I BELIEVE」の2曲を熱唱。

 

 

曲が終わった後、小室のもとへ歩み寄り

 

 

今まで迷惑と心配ばかり掛けて、本当にすみませんでした。これからはちゃんと前を向いて歩いていけそうです。

きょうはすごく楽しかったです。本当にありがとうございました

 

 

と感謝の気持ちを伝え、小室と握手を交わした。

 

   

 

これについて同番組プロデューサーがアドリブだったことを明かしている。

 

 

華原とプロデューサーはリハーサルの時から「何かやろう」と話し合っており、本番直前に華原が最後にお礼を言いたいと提案した。

 

 

プロデューサーは「聞かなかったことにするから勝手にやっていいよ」と答えたという。

 

 

また同番組内で華原と同じテーブルに座っていたタレントの小倉智昭が今朝の「とくダネ」で華原が異常に緊張していたことを証言した。

 

 

「どうしよう・・・」という華原に小倉は「何かあったら泣いちゃえばいいんじゃない」とアドバイスしたという。

 

 

同番組は視聴率18.8%と好視聴率(関東地区)を記録し、華原と小室が登場した時間帯(21時頃)も18%前後で推移した。

 

 

瞬間最高視聴率は22時過ぎに23.4%を記録。ちょうどアイドルグループ・嵐が「Endless Game」を歌う場面が最高視聴率となった。

 

*★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

おヅラさんのアドバイスが理解出来ない(・ω・ )?

朋ちゃんがアドバイス通り泣かなくて良かった。

 

 

 

 

 

お互い老けたね・・・
と思った方はポチっとお願いします

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ PVランキング

スポンサーリンク


関連記事

IMARU、相次ぐ父明石家さんまのデート報道に「まあ、頑張ってくださいって感じ・・・」とあきれ顔

      7日、明石家さんまの長女で歌手・タレント

記事を読む

no image

モーニング娘。グループ名を変更 道重さゆみ「あと34年したら、、、わおっ!!!!(笑)」

    6日、人気アイドルグループ「モーニング娘。」のプロデューサー・つ

記事を読む

no image

華原朋美に新恋人?お相手は明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏「とても愛おしい。でも・・・」

華原朋美(39)が昨年の12月5日放送のFNS歌謡祭で再デビューを果たして約1年が経とうとしている。

記事を読む

no image

【訃報】人生いろいろの島倉千代子さん死去・・・

  8日、歌手の島倉千代子さん(75)が肝臓がんで亡くなった事がわかった。 &nb

記事を読む

no image

矢口真里も欠席・・・元モーニング娘。保田圭の挙式に出席するのは石川梨華のみ!

  5月にイタリア料理研究家・小崎陽一氏と結婚した元モーニング娘。の保田圭が、27日

記事を読む

no image

華原朋美、振ったはずなのに竹田恒泰の熱愛報道に憔悴、傷心旅行にフィリピンへ・・・

  歌手・華原朋美が今年3月に明治天皇の玄孫・竹田恒泰を振ったのは以前にお伝えしたと

記事を読む

MISIAがさんまのまんまにバラエティ初出演、アーティスト名の由来を明かす

  MISIAがバラエティ番組「さんまのまんま初夏に大笑いしましょかSP」に初出演し

記事を読む

【FNS歌謡祭】華原朋美考案の謝罪・握手アドリブに小室哲哉は「聞いてない!」と怒っていた?

FNS歌謡祭で15年ぶりに華原朋美と小室哲哉が共演したが、小室との再会を機に又華原が薬物依存に陥らな

記事を読む

no image

竹田恒泰氏、華原朋美にフラれる・・・「利用するだけしたって感じ」と批判の声

    明治天皇の玄孫で慶大講師の竹田恒泰氏が歌手の華原朋美にフラれ

記事を読む

no image

モーニング娘。が紅白に落選した理由は、やはりあのスキャンダル?

嵐と綾瀬はるかが司会を務めることが決定していた大晦日放送『第64回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表

記事を読む

Message



  • ※ 当サイトは記事や画像等を個人で楽しむ目的で運営しております。その著作権・肖像権は本人及び所属事務所にあります。 記事、画像リンク等について万が一不適切なものがあれば早急に対処しますので恐れ入りますがメールフォームより正式の文面にてメールでご連絡をお願い致します。
    こちら紹介しているサイトや画像等のご利用・閲覧は自己責任でお願い致します。

PAGE TOP ↑