「次長課長」河本が干されたのをネット上のバッシングのせいにしている件・・・

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(38)が、ちっとも許してもらえない。

 

 

母親の生活保護受給問題が発覚したのが昨年4月のこと。翌月に謝罪会見を開いたが、世間の風当たりが強すぎて、テレビ界から干されてしまった

 

 その河本が12月13日、先輩芸人の今田耕司のラジオ番組に出演し、仕事量が減ったことや、家族で外食できないなど、肩身の狭い思いをしてきたことなどを明かし、反省の弁を口にした。

 

 

 ところが、バッシングされた過去をネタにしたことが、またネット住民の怒りの火に油を注いでしまったのだ。

 

 

「<こいつだけは絶対に許さない>などと、散々な書かれようです。不倫離婚の矢口真里にしてもそうですが、最近のネットバッシングは“魔女狩り”さながらで、相手をとことん追い詰めていくのです」(ITライター)

 

 

 テレビ局の人間も、わざわざそんなタレントを使おうとは思わない。お笑い芸人は、河本の他にもいっぱいいる。バッシングからのサバイバルは、至難のワザなのだ。

 

 

「ひと昔前に淫行で謹慎した東国原英夫も、今なら間違いなく血祭りに上げられていたはずです。

 

 

ただ、そのまんま東は宮崎県知事になって一発逆転できたし、“羊水発言”で批判を浴びた歌手の倖田來未には、彼女の歌が好きだという熱烈なファンがいた。現実の世界に支持者がどれだけいるかが、生き残りの分かれ目でしょう」(テレビ局関係者)

 

(引用元日刊ゲンダイ)

 

*★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

ネット上のバッシングも要因かもしれないけど、この人自体が芸人なのに面白くないから干されたんでしょw

生活保護の事と関係のない相方も全く面白くなかったから、ここ最近TV番組に出演してるのを観たことがありませんね・・・

 

 

  

応援ポチっとお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ PVランキング

スポンサーリンク


コメントを残す