やしきたかじんさんの最期の様子・・・体内の炎症を示す数値が通常の90倍に

やしきたかじんさんの最期の様子・・・体内の炎症を示す数値が通常の90倍に

takajin

 

 

今月3日に死去した歌手でタレントのやしきたかじんさん(享年64)の最期の様子が報じられた。

 

 

 

週刊朝日がたかじんさんと親交が深かった医師で日本維新の会の衆議院議員の伊東信久のインタビュー記事を掲載している。

 

 

 

たかじんさんは生前自身の番組でヘルニアのレーザー治療を受けたことを語っていたが、その施術を行ったのが伊東氏だった。

 

 

 

それ以来たかじんさんの健康の相談に乗っていた人物だ。

 

 

(以下引用)

 

「去年はあまりしんどい様子が見られなかったので、今春には復帰できるだろうと思っていました。

 

 

ただ、昨年末になって、尿の出が悪いということで、血液検査をしたら、体内の炎症を示す数値『CRP』が通常の約50倍出ました。

 

 

次に測った時には、約90倍に増えており、これはきちんと調べたほうがいいということになり、12月22日、たかじんさんは東京の先生の病院へ行かれました」(伊東氏)

 

 

 

その後、クリスマスカードを受け取ってからも、伊東氏は電話で、東京にいるたかじんさんと話をしたという。

 

 

 

しかし、元日に送った年賀のメールは返信が来なかった。1月2日に、たかじんさんの容体は急激に悪化し、3日の朝には亡くなっていたのだ。

 

(引用元週刊朝日)

 

 

 

また9日にたかじんさんの愛妻が『たかじん胸いっぱい』(関西テレビ系)の収録現場にたかじんさんの最期の様子と、残した“遺言”を伝えに駆けつけた。

 

 

 

その際に「1月からハワイで静養すべく、、医師からも許可を得ていましたが、12月26日に風邪で体調を崩し、肺炎も患い急変。最期を迎えました……」と語っている。

 

 

 

また女性誌によると2012年に食道癌がわかった時にはにステージ3(Ⅲ)と告げられたことも明らかになった。

 

 

 

ステージとは癌の進行度と広がりの程度を表す数値で0~4(0~Ⅳ)に分類される。

 

 

 

たかじんさんが患っていた食道がんでステージ3の生存率は一般的には10%~30%と言われている。

 

 

 

昨秋3度目の結婚をしたのも闘病生活を支えてくれている愛妻に遺産を遺すためだったと思われる。

 

 

*★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

12月26日に風邪から肺炎、1月3日にお亡くなりになったという事はその間わずか一週間程。

早すぎますね・・・

 

 

 

芸能最新ニュース→antena
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ PVランキング

スポンサーリンク


関連記事

no image

T.M.Revolution西川貴教、水樹奈々ファンにブチ切れ!「ずっとスルーしてきましたが・・・」

  歌手のT.M.Revolutionこと西川貴教(43)がTwitterで一般人に

記事を読む

no image

「美川憲一」の芸名使用に“待った”元事務所社長に美川憲一訴えられる・・・

歌手でタレントの美川憲一(67)が損害賠償請求の裁判を起こされたことがわかった。 &n

記事を読む

全国行脚?コブクロが大阪と広島でストリートライブを決行!

    17日、コブクロが大阪のグランフロント大阪(大阪市北区)うめ

記事を読む

ゴールデンボンバーめざましどようびテーマソング「あの素晴しい朝をもう一度」

    12日「めざましどようび」(フジテレビ系列)のテーマ

記事を読む

恋愛至上主義の芸術家・玉置浩二の恋愛・結婚経歴【石原真理・薬師丸ひろ子・安藤さと子・青田典子】

    玉置浩二の現在の妻といえばタレント・青田典子

記事を読む

復活ウルフルズがゲリラライヴ!大阪・道頓堀「ひっかけ橋」で新曲「どうでもよすぎ」等3曲披露

先月25日に活動再開を発表した「ウルフルズ」が1日、大阪市中央区にある戎橋(通称ひっかけ橋)の下に流

記事を読む

no image

鬼のようなポジティブ時々バカの内山麿我(通称マロ)福山雅治ばりの歌声を披露?【あゆ元恋人】

平成の歌姫、浜崎あゆみの元恋人で元ダンサーの内山麿我(通称マロ、29歳)が10日放送の「嵐を呼ぶあぶ

記事を読む

no image

つんく♂の声がガラガラでハスキーになったのは咽頭がんだった!治療でタレント活動休業

  シャ乱Qのメンバーでモーニング娘。’14のプロデュースでも知られる「つんく&#x

記事を読む

no image

やしきたかじんさんをしのぶ会で宿敵の二人が・・・辛坊治郎が語る偲ぶ会でのエピソード

  今年1月3日に行われた故やしきたかじんさんをしのぶ会「TAKAJIN MEMOR

記事を読む

no image

佐村河内守がゴーストライター新垣隆氏に泣きつく・・・名誉毀損の訴訟は断念か?

    コピペ女王・小保方晴子ユニットリーダーの影に隠れてしまった感

記事を読む

Message



  • ※ 当サイトは記事や画像等を個人で楽しむ目的で運営しております。その著作権・肖像権は本人及び所属事務所にあります。 記事、画像リンク等について万が一不適切なものがあれば早急に対処しますので恐れ入りますがメールフォームより正式の文面にてメールでご連絡をお願い致します。
    こちら紹介しているサイトや画像等のご利用・閲覧は自己責任でお願い致します。

PAGE TOP ↑