80年代アイドル月給は5万円だった!AKBも10万?アイドル給料事情が明らかに【ナイナイアンサー】

この記事は約3分で読めます。

80年代アイドル月給は5万円だった!AKBも10万?アイドル給料事情が明らかに【ナイナイアンサー】

sugiura

 

バラエティー番組『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系列)で明かされた80年代アイドルの給料事情が話題になっている。

 

 

 

28日放送の同番組に80年代の人気アイドル杉浦幸(44)が当時のアイドル裏事情を暴露。

 

 

 

杉浦は80年代に人気を博した大映ドラマの「ヤヌスの鏡」で主演を務め、その存在が広く知られる人気アイドルだった。

 

 

 

 

人気絶頂期は睡眠時間が1時間程だったと話し、それ程多忙だったにもかかわらず当時の月給は5万円だったことを明かした。

 

 

 

同じく80年代に人気アイドルだった大西結花(45)はデビュー時の月給は3万だったと告白し、同じく男性アイドルの竹本孝之もデビューして1年間は月給5万だったとうなずいた。

 

 

 

杉浦によると当時のアイドルで10万円もらっていた人の方が少なかったという。

 

 

 

当時は事務所がアイドルのために生活の全てを全面的にバックアップしており、アイドルには給料ではなく「お小遣い」という感覚で数万が渡されていたというのが実情のようだ。

 

 

 

また事務所が10代や20代のアイドルにまとまった額を渡してスキャンダルの火種になる様な事にならないためという目的もあったと考えられる。

 

 

 

昨今K-POPグループが薄給で事務所と揉めるという事が度々報道されるが、日本の芸能界も似たようなものなのかもしれない。

 

 

 

 杉浦の暴露から現在アイドルの代表格ともいえるAKBに話は飛び火し、同番組に出演していた元AKB48の秋元才加(25)にAKBの給与に関して質問が投げかけられた。

 

 

 

同番組MCのナインティナイン岡村が「AKBも安いやんな?」と尋ねられたが秋元は苦笑いでその場をごまかした。

 

 

 

 AKBの給与事情に関しては、「どれだけ働いても月給10万円」等と週刊誌で報じられたことがあり、総合プロデューサーの秋元康も「研究生の公演1回のギャラは5000円くらい」と以前出演した番組で明かしたこともあった。

 

 

 

メンバー内の格差は激しく、選抜入りしているメンバーとそれ以外のメンバーでは給料も2桁違うとも言われている。

 

 

 

杉浦は同番組で月給以外にも清純派のイメージを売りにしていたが、当時のインタビューで話していたことは事務所が用意していたことをコメントしていただけで話していたことはだったと告白。

 

 

 

恋愛も厳禁であったが、仕事先で連絡先を渡してきた男性アイドルと付き合っていたことも明かした。

 

 

 

また80年代の女性アイドルは廊下ですれ違っても挨拶を交わすことはないが、一旦放送中になると態度が違う者ばかりで唯一良い人だと思ったのは小泉今日子だけだったと語っていた。

 

 

 

*★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

月給5万しかいただけなかったら、生活面を全面的にバックアップしてもらわないと生活できませんよね・・・

その裏で事務所は相当儲かったでしょうね~

でも80年代のアイドルって皆仲良しだったと当時アイドルだった人たちが話してたんですが、ホントは仲悪かったのかな?

 

 

 

芸能界噂話ならコチラ→芸能界のう・わ・さ!
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ PVランキング

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました