ぶりっ子田中みな実アナ、マツコ・デラックスも「あれはイヤよ!興味ない」と散々な嫌われぶり

 

 

女装タレントでコラムニストのマツコ・デラックスは女子アナ嫌いで有名な話し。

 

 

 

その理由として

 

 

「私は会社員ですよってなうわべだけの雰囲気ただよわしながら、裏の顔で芸能人気取りのテレビ出演

 

 

それでもって毎月安定した収入をもらい、プロ野球選手やらの金持ち旦那を鼻ほじりながら さがすお気楽娘たち  それが女子アナよ。

 

 

毎年生き残る為に必死なタレントたちは、こいつらを使ったりちやほやするもんじゃないと思う」と語っていた。

 

 

 

なかでもTBSの田中みな実アナウンサーは「大嫌い」と公言するほどの嫌い様。

 

 

 

「男がかわいいなと思う女」を演じるのは悪くない。カマトトぶってても構わないと主張しているが、ぶりっ子キャラで知られる田中みな実アナは「あれはイヤよ!」と激怒する程。

 

 

 

マツコが田中アナを大嫌いになったのが決定づけられたのは2011年に放送された「さんまのホントの恋のかま騒ぎ」で共演した時の出来事。

 

 

 

マツコの事を好きだと田中がラブコールを送ったがマツコは完全無視

 

 

 

しかし田中はめげずに「大好きでラジオも聴いてます」と今度は涙声で訴えたが、知らぬ顔をしていたマツコ。

 

 

 

 

すると田中は泣き出してしまった。

 

 

 

「どこまでが本当なのかわからない」と言うマツコにさんまが「全部ホンマや、マツコのせいで・・・」と言っている途中で田中は手で口元を隠していたが笑っていた。

 

 

 

それがマツコや他の共演者にバレて「お前絶対今、手の下で笑ってるだろ!」とツッコミを受け、顔を隠した田中アナ。

 

 

 

これにはスタジオにいた共演者からも大ブーイングを浴びせられる結果になった。

 

 

 

その後、田中アナサイドからマツコは「共演NG」を言い渡されたという。

 

 

 

今月19日に放送されたラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)でも、田中アナの話題を尋ねられたマツコは「興味ない」と切り捨てた。

 

 

 

田中アナはスタッフ間では評判が良いというが、マツコ以外にも南海キャンディーズの山里、先輩アナウンサーの加藤シルビアにも「嫌い」と公言されている。

 

 

 

また嵐の相葉、松本は田中アナのぶりっ子キャラぶりに番組内で呆れ顔を見せたこともあった。

 

 

 

さらに嫌いなアナウンサーの1位に輝くなど、嫌われぶりが報じられている。

 

*★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

♪おすすめサイト・芸能ニュース♪

【画像】キムヨナが嫌われすぎだwww→しまむら

【画像】YUIの現在www→エンタメチャンネル

リプニツカヤ“兄貴”サドキャラが大人気に→気になるニュース、話題。

 

 

あのキャラは嫌われても仕方ないわ・・・
と思った方はポチっとお願いします

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ PVランキング

 

スポンサーリンク


コメントを残す