内博貴、“天国の恋”熱演で何でもアリ、もう怖いものは無い・・・

 

 

tengoku

 

 

29日人気昼ドラマ「天国の恋」(フジテレビ系列)のPR会見が大阪市内で開かれ、同ドラマに出演している俳優の内博貴(27)が出席した。

 

 

同ドラマでの内の役柄は外資系会社員、薦田潮。

 

 

女優・床嶋佳子(49)扮する主人公の年上女性、埴生斎にどんどん惹かれていき愛情表現も過激になっていく。

 

 

uti

 

 

色仕掛けにあってズボンを脱ぎ捨ててパンツ一丁になったり、ベッドシーンや、汚れた海に飛び込んで「死んでも生きてる!」と叫ぶなど、針の振り切れた演技の連続。

 

 

内は「台本を見てウソやろと思ったものも、現場では“全部やれ”の一点張りでした」と苦笑いで明かした。

 

 

このドラマを経験したおかげで俳優としてはもう怖いものは無いといい

 

 

「事務所も全く何も言わないし、僕はもうなんでもアリみたい。ジャニーズ事務所の新しい扉を開けましたね」と笑顔で語り

 

 

「これからさらに、展開がえらいことになります」とアピールしていた。

 

 

同ドラマの最終回は12月27日で残り1ヶ月、これからの展開に注目したい。

 

 

 

ランキング参加中です
応援ポチっとお願いします

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ PVランキング

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す