大沢樹生・喜多嶋舞“実子騒動”喜多嶋側は調停まで欠席で大沢怒りを露わに・・・

この記事は約4分で読めます。

大沢樹生・喜多嶋舞“実子騒動”喜多嶋側は調停まで欠席で大沢怒りを露わに・・・ 

昨年末に話題になった大沢樹生の“実子騒動”

 

 

 

元妻・喜多嶋舞との長男とDNAの親子鑑定の結果、

 

 

 

長男と大沢が親子関係である可能性が0(ゼロ)%だったという衝撃的なニュース

 

 

 

長男の母親である喜多嶋はこのDNA鑑定自体を信用しておらず

 

 

 

双方の言い分が食い違っていたが

 

 

 

今年1月に喜多嶋が女性誌のインタビューで

 

 

 

再鑑定には応じるが、息子が18歳になって息子本人が再鑑定を望むなら・・・

 

 

 

と語り、その後、大沢・喜多嶋、共にコメントを発表することがなく

 

 

 

騒動は一旦鎮火した様に思われていた。

 

 

 

しかし水面下では親子関係の調停が行われていたようだ。

 

 

 

13日に行われたチャリティーゴルフに参加した大沢樹生が

 

 

 

久しぶりに“実子騒動”について語っている。

 

 

 

(以下引用)

 

 

「今年2度、調停があったのですが、先方が応じてくれず。本来なら次の段階へと進みたいんだけど…」

 

 

と進展なしを明かした。

 

 

現在、長男の親権者である喜多嶋の父・修氏から、

 

 

すでに「上申書が来た」と言う大沢は続けて

 

 

「未成年の子供に配慮してほしいという内容だったが、

 

 

彼(長男)は雑誌でインタビューに答えてたよね。

 

 

それで配慮といわれても…頭の中にはクエスチョンだらけだよ」

 

 

と、いまだ怒りを隠しきれない様子。

 

 

上申書には大沢が行ったDNA鑑定が「私的に改ざんされたもの」という指摘もあったといい、

 

 

これに大沢は「裁判所でも完璧なものと判断された」と反論してみせた。

 

 

現在、修氏は弁護士を解任し、大沢の弁護士と直接やりとりをしているという。

 

 

ある芸能関係者は「調停が進んでいないとは聞いていたが、欠席していたとはね。

 

 

修氏の発言は娘のことを守りたい一心の行動でしかないようですし、

 

 

調停に出ないというのは自分たちの主張に自信がないのでは?

 

 

と見られてもおかしくないでしょう」と語る。

 

 

大沢は「(長男が)18歳になったら再鑑定をすると提案した」

 

 

と話したが、すんなりと受け入れられるかは不明。

 

 

結論が出るにはまだまだ時間がかかりそうだ。

 

(引用元:東京スポーツ)

 

 

ネット上の反応

 

「調停にもDNA鑑定にも応じない、これで「どちらが正しいか?」が解る」

「喜多嶋さんは、正々堂々DNA検査もやるべきですね」

「厄介な女に引っかかったな、お気の毒様」

 

 

*★*――――*★*――――*★*――――*★*――――*★*

 

♪おすすめサイト・芸能ニュース♪
マイラバakko再婚していた!→芸能まとめにゅー

 

 

 

息子が18になっても再鑑定させないだろうね
と思った方はポチっとお願いします

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
PVランキング

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました